むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
未分類

大地震の中原区の状況-たくさんの救援募金、ありがとうございました

2011年3月13日

昨日から中原区の住民の方々から被害状況を聞いて回っています。区長さんからは、地震当日、各小学校で生徒を保護し、保護者が来るまで預かっていましたが、東京に勤めている方が多く、深夜になっても帰ってこれなくて次の日の朝までかかってやっと全員、引き取られていきました。東住吉小学校では200人近い児童が待っていました。また待機場所の小学校5校が停電になり、暗いなかロウソクで明かりをとり、石油ストーブを集めて暖を取っていました。職員、学校関係者は徹夜で作業を続けてくださいました。本当にご苦労様でした。
また、小杉の高層マンションでは停電でエレベーターが動かず、多くの方がロビーで待機していました。私も母親の安否確認のために、18階まで自力で上り、やっと確認出来たのが7時過ぎでした。
多くの方々から帰宅の苦労を聞きました。港区白金から8時間歩いた女性、霞ヶ関から5時間あるいた男性もいて、丸子橋は人、人、人、テレビでも放映されました。
昨日から続いている救援活動で、今日も元住吉、新城、宮内で救援募金活動が行われ、約15万円の募金が集まりました。特に若い人達からの募金が多く驚きました。本当にありがとうございました!

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP