むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

川崎市予算審査ー市営住宅の内装工事中、利用できる空き部屋の活用・拡充を要望

2021年3月23日

むねた議員は、市営住宅の内装工事について、「工事中の騒音が耐えられず、家にいられない」「2週間トイレが使えない」「工事中、別の部屋を確保してほしい」などの声を紹介し、トイレの問題や家財の移動について質問。トイレについては、空家住戸を利用して退避場所を作り、その部屋のトイレ、仮設トイレ、集会場のトイレなどが利用できること。昼間は確保している空き部屋で過ごすこともできること。家財の移動については、物置を設置し、移動については「言ってくれれば手伝う」などの支援があることがわかりました。むねた議員は短期間過ごせる部屋の確保のために、同じ住宅の空き部屋の活用、拡充を要望しました。

市営住宅

工事

期間

新作2号棟

長寿命化工事

R1.9~R3.1完成

久末5,6号棟

間取り改善工事

R2.4~R3.2完成

久末7,8号棟

長寿命化工事

R1.10~R3.3完成

新作1号棟

長寿命化工事+EV設置

R2.4~R3.10完成

上作延1号棟

長寿命化工事(浴室便所分離)

R2.11~R4.3完成

明石穂3,4号棟

長寿命化工事(浴室便所分離)

R3.1~R4.3完成

新作3,7号棟

長寿命化工事

R3.11着手予定

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP