むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員
携帯日記

矢上川・有馬川の豪雨・洪水対策

2019年10月29日

決算審査特別委員会では、むねた裕之市議団長が、平瀬川・矢上川などの河川の洪水対策、臨海部国際戦略費、羽田連絡道路について質疑を行いました。

むねた議員は、10月12,13日、台風19号の被害があった久地地域をはじめ、平瀬川、矢上川、有馬川の河川の流域で聞き取り調査を行いました。

危険個所の点検とカメラ設置、住民説明会を

10月13日、台風19号が過ぎ去った朝、むねた議員は、矢上川、有馬川の地域を訪問し、聞き取り調査を行いました。有馬川につながる用水は、上から20㎝のところまで増水、西ヶ崎橋の付近では、上から1mまで増水しましたが、浸水被害はありませんでした。野川地域では一部浸水がありました。

有馬川と用水の合流地点にカメラの設置を

clip_image002

(用水・有馬川の合流地点)

9月19日、むねた議員は決算審査特別委員会の分科会で河川の豪雨・洪水対策について質問。有馬川と用水が合流する地点の住民から「川の増水時、有馬川から用水に水が逆流して用水側があふれそうになった」「合流地点のカメラの設置と合流地点の改良を」との要望が出されていることを紹介し、早急に河川の危険個所の点検とカメラの設置を要望しました。

矢上川・有馬川の地下貯水池について住民説明会を

clip_image004

(矢上川の地下貯水池)

 むねた議員は、矢上川、有馬川の地域の方から、豪雨・洪水対策に対する要望がたくさん出されていること、県が計画している矢上川の地下貯水池について、ほとんどの住民の方が知らされていないことも議会で紹介してきました。この件で石田和子県議は、神奈川県に矢上川の地下貯水池について、住民説明会を要望。県は「要望があれば開催する」との答弁がありました。むねた議員、石田県議は、適切な時期に子母口、野川、久末地域で地下貯水池についての住民説明会を開催する予定です。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP