むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員
携帯日記

平瀬川護岸工事に国から半分補助金を

2019年10月29日

clip_image002

(平瀬川・上作延第2住宅前)

決算審査特別委員会では、むねた裕之市議団長が、平瀬川・矢上川などの河川の洪水対策、臨海部国際戦略費、羽田連絡道路について質疑を行いました。

むねた議員は、上作延の住民の方からは「川の中の仮設の構台に増水時に流れてきた木々やゴミが引っ掛かり心配」「護岸が崩れるのではないか」などの声が出されており、多くの住民が工事の早期実施を求めていることを紹介しました。しかし、平瀬川の工事はなかなか進んでいません。むねた議員は、平瀬川は一級河川なのに工事は、市の単独事業として行われていることを示し国の補助について質問。総務企画局長は「国庫補助事業の活用について、現在、国や県と調整している」と答弁しました。

国交省との交渉で「申請すれば国が半分出す」と答弁

むねた議員は、8月に畑野衆議院議員、石田和子県議と国交省に行き、護岸工事に対する国からの補助について交渉し、国交省は、施設機能向上事業、広域河川改修事業の2つを示し、「申請してくれれば国が半分補助を出す」との答弁を紹介。ぜひ、これら補助事業を申請して、国や県からの補助を使って、早急に護岸整備、河川改良を進めることを要望しました。この補助が実現すれば、平瀬川護岸工事の総額は、80億から100億円に達すると想定されますが、市の負担は20~25億円にまで軽くなります。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP