むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員
携帯日記

四方嶺住宅跡地-ネット付きグランドと誰もが使える公園を

2019年8月21日

image

仮設グランド後の更地使用は申し出があれば検討

宗田議員は、19年6月議会の一般質問で、「市営四方嶺住宅跡地の利用」について取り上げました。現在、仮設グランドは撤去され、更地になっていますが、宗田議員は「更地をスポーツの練習などに利用できないか」と質問。まちづくり局長は「一時利用の申し出がある場合は、個別に可能性を検討する」と答弁、更地の使用を検討していることが明らかになりました。

民間スポーツ施設の導入はやめて、ネット付きグランドを

この間の質疑で、「民間のスポーツ施設」について、導入しなければならない理由はないこと、広場・スポーツゾーンを分ける理由はないこと、球技ができるネット付きグランドをという要望に応えるためにも、ゾーンを分けずに公募をすることを検討すべきことを要望しました。

住民説明会の開催を

宗田議員は、「前回の住民説明会では、いろいろな質問・要望が出されたが、それに対する回答がない」こと、「周辺の方々へは、更地の利用も含めて今後のスケジュールについての説明もない」と述べて、「ぜひ、これらにこたえる住民説明会の開催を」要望しました。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP