むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員
携帯日記

平瀬川護岸工事ー現工事の延長と次期工事について住民説明会と家屋調査の実施を

2019年7月26日

7月3日、日本共産党の宗田裕之議員の一般質問「平瀬川護岸工事について」を紹介します。

●質問

高津区上作延の平瀬川護岸工事について、建設緑政局長に

(ディスプレイを)

clip_image002

その2工事について

市営上作延第2住宅の前左岸90m「その2工事」の完了時期が延期された/周辺住民から「いったいいつ終わるのか」「何が原因なのか」などの声が出ています。

その2工事について、工期延期の理由と完了予定を伺います

◎答弁

当該工事は、老朽化により変状が発生した護岸の対策として、釈迦堂橋下流の左岸約90メートルの区間の護岸改修を行うものです。平成30年3月に契約し、平成31年3月の完成に向け工事を進めてまいりましたが、管理用通路の補修に伴う交通規制に関する地元調整に日

時を要したこと、仮設工法の変更などが必要となったことから、令和2年2月まで工期を延期したところでございます。

●質問

答弁の内容について、市営住宅はじめ近隣の方たちへの周知が必要です。

その3工事について

(地図)

clip_image004

その2工事(青)の右となり(緑の部分)前橋までの右岸85mの工事で、工期は来年2月から21年3月まで/施工方法は、その2工事と同様、河川内に仮設構台を構築し、構台上から施工を行う

●質問

昨年の住民説明会では、「住民説明会を工区ごとに開いてほしい」という要望が出されました。

その3工事の住民説明会は、開催するのか、伺います。

◎答弁

当該工事の住民説明につきましては、工事概要が固まった時点で、関係する町内会や自治会等に説明を行い、工事契約後、施工計画が作成され次第、住民説明会を開催し、周辺道路の交通規制や安全対策などの説明を行う予定でございます。また、工事着手後においても、工事の進捗状況等の現場への掲示に加え、各戸へのチラシ配布による情報捌共など、丁寧な対応に努めてまいります。

●質問

住民説明会では、その範囲以外の住居でも、振動がひどく家屋調査を実施してほしいという要望が出されていました。

その3工事の前に、住宅家屋調査をどの範囲で実施するのか、伺います。

◎答弁

護岸の主要な構造物である鋼管杭の施工による影響を考慮し、杭の長さをもとに、護岸から約16メートルの範囲にある家屋を調査対象としております。

●質問

答弁にあった家屋調査の範囲というのは、通例であり、具体的な規定は定まっていないということです。実際、この範囲以外の家屋でも駐車場にひび割れができていました。この地域の軟弱地盤を考慮すると、その範囲外でも状況次第では、家屋調査をやるべきです。

●意見・要望

その2工事について、周辺住民への周知を

その3工事について、周辺住民だけでなく、上作延町会・関係自治会の方たちへの住民説明会の実施を/家屋調査は、希望があれば、範囲外であっても実施をお願いします。

また、豪雨の際、河川内の仮設構台にゴミや樹木が引っ掛かり水位の上昇が起きています。その対策をお願いします

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP