むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

久末での豪雨・洪水対策 -この間の豪雨に対して有馬川、久末地域は大丈夫なのか?

2018年10月1日

図(久末下水管説明)

図(久末下水管)

(図:久末地域の下水管整備)

 この地域は、浸水対策の重点化地域に指定され、2010年から下水管整備を開始して15年度に整備は完了しています。下水バイパス2本(雨量 毎時58ミリに対応)で有馬川に流し、下水支線を整備してバイパスや水路に流しています。行政は「整備後、有馬川での大きな浸水被害はない」としています。

 しかし、この間、全国で豪雨災害が起きており、8月も高津区で1時間の雨量が80ミリを超えるような豪雨がありました。住民の方からは「本当に大丈夫なのか」「有馬川の洪水が心配」などの声が出ています。宗田議員は地域住民からの聞き取り調査をやって議会に取り上げる予定です。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP