むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

久末配水塔跡地(久末神社の隣)-子どもや誰もが使える広場、防災のための公園に

2018年10月1日

写真(久末・配水塔)

要望がなければ民間に貸し出す計画

以前、久末配水塔として使われていた跡地は、現在、近隣のイベントの際の駐車場などで利用されているだけで、空き地(1016㎡)になっています。行政側では、各局に「使うかどうかを問い合わせ中」ということですが、もし、どこからも要望が出なかった場合、2020年4月には民間に貸し出すことも検討されています。

この辺は公園がなく、子どもたちは下の公園まで

宗田議員と地域の住民の方が、近隣の住民から要望を聞き取る調査をしていますが、子育て中の方からは「この地域には子どもを遊ばせる公園がなく、下まで降りていかなければならない」「ぜひ、誰もが利用できる公園を」という要望が出されました。また、町会の方からも「民間に貸し出すと市民が使えなくなる」「更地で残して防災のための公園を」などの声が出ています。次回の議会で取り上げる予定です。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP