むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

中原街道拡幅工事が再開―千年交差点の形状問題が浮上

2018年7月24日

clip_image003

影向寺バス停付近で1.4m盛土

千年交差点から能満寺交差点までの中原街道拡幅工事(その3)が再開し、その説明会が6月13,16日に行われ、宗田議員も参加しました。

南部都市基盤整備事務所からの説明では、工期は5月15日から11月30日までで、影向寺バス停付近を最大1.4m盛土します。一挙に上げるのではなく3段階に分けて盛土していきますが、その付近で接続している道路は、通行止めになります。

(通行止め)

・影向寺から下る千年89号線

・自転車店に出る子母口富士見台1号線(夜間のみ)

・能満寺に向かって下る左側の側道入口千年105号線(夜間のみ)

千年交差点―影向寺に上がる旧道の閉鎖に「断固反対」

説明会では、いろいろな意見が出されましたが、1つは千年交差点の形状問題です。行政からは、今の五差路ではなく影向寺に上がる旧道は閉鎖すると県警が判断したと説明され、多くの方から「断固反対」との強い意見が出されました。千年交差点付近の地権者の方は、「それでは話が違う」「私は旧道から交差点に出られることを条件に土地の収容に応じた」とのべ、反対を表明。多くの方から「県警に説明を」求めたのに対し、行政側は「県警に説明に来るように要請する」と答えました。

道路の段差―「トラックが通ると地震のよう」

工事中の道路のつなぎ目、段差のために「トラックが通ると地震のような振動が起こる」という声が多数上がりました。この件で宗田議員は、現地を調査して段差などを確認し、施工業者である重田組と会い、道路のつなぎ目や段差をできるだけ小さくするように求め、業者も「努力する」と答えました。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP