むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員
携帯日記

敬老パスなど福祉施策の行革は中止を

2018年1月5日

12月7日、第4回川崎市議会定例会の代表質問では、宗田議員が質問に立ち、川崎市総合計画、行財政改革、東芝リストラ問題などで市長の政治姿勢をただしました。

clip_image002

市の課題は人口減少ではなく人口増加による保育園、特養などの不足

 宗田議員は、川崎市総合計画第2期実施計画について、「人口減少、少子高齢化を第一の課題に挙げているが、市の差し迫った課題は、人口減少などではなく、人口増による需要増にどう対処していくか」ということ。「将来不安をあおりながら、人口増加による武蔵小杉駅周辺の問題、認可保育園や特養ホームの増設など直面している課題をなおざりにしている」と指摘しました。

財政難、人口減少という行革の根拠は成り立たない

 行財政改革第2期プログラムについて、「これまで行革の根拠に挙げてきた財政難、人口減少という根拠は、どれも成り立たなくなっているのに、なぜ、市民の福祉・暮らしを支える事業が見直しの対象になっているのか」と質問。市長は「これまでに経験したことのない社会状況の変化が見込まれるため」と答弁しました。宗田議員は、「“これまでに経験したことのない社会状況”などという想定が困難な理由まで持ち出して行革を迫るべきではない」と指摘し、これらの施策(表)を行革から外すように強く求めました。

 
 

政令市でトップクラスの財政

① 市税収入は4年連続過去最高

② 財政力指数は20政令市中トップ

③ 市の貯金(減債基金)は2209億円

 
 

川崎市の人口

① 人口は13年間増え続け、今より減るのは33年後

② 人口増加率は政令市でトップ

③ 平均年齢は最も若く、年少人口は13年間増え続ける

④ 生産年齢人口比は政令市で最も高い

⑤ 老年人口比は政令市で最も低い

 
 

行革の見直し対象

① 高齢者外出支援乗車事業(敬老パス)

② 重度障害者医療費助成制度

③ 成人ぜん息患者医療費助成制度

④ 障害者施設運営費補助

⑤ 介護保険外の市単独事業

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP