むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

橘樹官衙遺跡がイメージできる公園を

2018年1月5日

(高津区千年にある「たちばな古代の丘緑地」公園)

clip_image002

(横浜都筑区の大塚・歳勝土(さいかちど)遺跡)

clip_image004

「橘樹官衙遺跡群保存活用計画」素案について、史跡の整備、活用、保存管理について質問しました。千年にある「たちばな古代の丘緑地」公園は、新たに1300m2加わり、ほぼ2倍の広さになりました。宗田議員は、「この公園の活用について、どのような整備を考えているのか」と質問。教育次長は「建物の様子をわかりやすく示す具体的な方法」で整備すると答弁。宗田議員は、横浜市都筑区の大塚・歳勝土遺跡などの例を示して、どんな遺跡が埋まっているのかがわかる公園のシンボルとなるような構造物を要望しました。情報発信については「史跡専用ホームページの開設やSNS等を活用」すること。公園へのアクセス、案内板については「ガイダンス施設、駐車・駐輪スペース」の検討もしているということです。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP