むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員
携帯日記

高津高校定時制のスペース「いっぽ」を視察

2017年11月27日

スペースいっぽ写真

11月24日、市立高津高校定時制のスペース「いっぽ」を、大庭議員、片柳議員と視察しました。

スペース「いっぽ」とは

この「いっぽ」は、自立支援事業(居場所、キャリアサポート、学習支援)のために取り組まれ、川崎の市立高校としては、2校目の取り組みです。市内で最初に取り組まれた市立川崎高校は、居場所に力点を置き、「ぽちっとカフェ」を開設しました。在校生の半分以上が活用するなど、生徒によく利用され、心のよりどころになっています。

今年の10月から開設された「いっぽ」は、キャリアサポートに力点を置き、性格診断などを用いて、生徒への進路指導、キャリア支援につなげていく施策です。スタッフは、コネクションズかわさき、育て上げネットから1人ずつ2名が派遣されています。

生徒に対して

フリースペースで気軽なツール(性格診断など)を用いて、生徒が気軽に来所しやすい場所をつくっています。生徒たちとの会話を通して、悩みを聞き、一緒に解決策を考えたり、キャリアについて考えるきっかけを作ります。サポステの情報提供を行い、利用を促すなどの対応をしています。

先生方に対して

生徒から得た情報を共有し、先生方と対応策を講じていきます。各生徒の進路指導やキャリア支援に生かせる情報を提供していきます。

開所の日程と場所

毎週金曜か水曜 ①17:00~17:30、②20:50~21:40

場所 保健講義室

働いてる生徒が多く、家計を支えている生徒もいたり、家庭が困窮している生徒もいるということでした。

場所である保健講義室は、生徒があまり通らないところにあり、なかなか入りづらい場所でした。生徒が居場所として気軽に集える場所を考えても良いかなと思いました。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP