むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

久末地域のバス問題で行政交渉ー溝口発高田町行バス停は今年度末までに南口ロータリーに移設

2016年10月28日

clip_image002

10月21日、久末地域の住民の方と行政交渉を行いました。特にバス路線の問題で住民の方々の要望を交通局に示して質疑が行われ、いくつかの点で前進がありました。

高田町路線について

バスの発車時刻を統一してください

(要望)溝口駅南口と高田町を結んでいる溝25系統の発車時刻が時刻ごとにまちまちです。事前は同時刻だったということで、せめて日中の時間で1時間に1本の時は同時刻にしてほしい。

(回答)他の系統との重複をさけるように運行間隔を調整している。朝、夕の時間帯は往復が1時間で収まらないため同時刻は難しいが、日中の時刻については時刻表の改正の時に検討する

バスのステップを歩道の縁石に接近させ、乗客が乗りやすくしてください。

(要望)杖が滑って転ぶ時があり、高齢者はこわい。指示を徹底してほしい。

(回答)停留所の前後に駐車車両があると離れて停まる場合がある。できる限り縁石に近づけ平行に停車するよう指導していく

バス停に椅子を設置してください。

特に、久末バス停(セブンイレブン前、鷺沼行、小杉行),妙法寺バス停(小杉行き方面)

(要望)久末バス停、妙法寺バス停などは、設置された椅子が撤去されています。なぜですか?高齢者は椅子がないとつらい。道路の幅員が十分なくても設置できる形態を。

(回答)上記のバス停の椅子は、不法に設置されたベンチだということで撤去した。久末バス停については、道路の幅員は基準以上あるので、市で検討し今年度中か来年度初めに設置したい。妙法寺バス停など多くのバス停は、道路の幅員が設置基準を満たしていないため、他都市でもあるような腰掛タイプのパイプなどの設置を検討する。

溝口発高田町行バス停に屋根を設置してください。

(回答)このバス停は、溝口駅南口バスロータリー内の3番乗り場に屋根付きのバス停として移設する予定で、2016年度末に工事完成予定。

井田病院行のバスの開線について

(要望)高津区久末、野川、中耕地の住民は市立井田病院へ行くのに何回も乗り換えて病院へ行きます。鷺沼駅発井田営業所前行のバスを使って井田病院行のバスの開線はできないでしょうか。朝8~10時の間2本以上を望みます。

(回答)井田病院まで延伸すると運行距離や所要時間が増加し、現在の運行本数を確保することが難しくなる。井田事業所前で乗り継ぎのサービスの利用をお願いしたい。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP