むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

「憲法改正の真実」ー国民は総力を挙げて改憲阻止を!

2016年8月20日

IMG_1126

秋の臨時国会に向けて、いよいよ安倍政権は改憲に向けて暴走を開始しようとしています。

日本の歴史上、最大の正念場を迎えようとしています。

それに対して、これを迎え撃つために憲法学者たちが立ち上がっています。

この本は、「護憲派の泰斗」樋口陽一さん、「改憲派の重鎮」小林節さんが、自民党憲法草案に対して論陣を張っています。

小林節:「自民党案なら日本は先進国の資格を失う」

樋口陽一:「国家の根幹は破壊されてしまう」

護憲派、改憲派の日本の憲法の第一人者が、共に危機意識をあらわにして立ち上がりました。その決意に敬意を表したいと思います。

改憲勢力は、何を狙っているのか?「立憲主義と民主主義、そのどちらも存在せず、そのような権力が恣意的にその力をふるまうことができる・・独裁政治」、ここに本質があることを喝破しています。

自民党の改憲派のお抱え学者だった小林さんが、改憲派も護憲派も今回の改憲は「絶対に阻止しなければならない」「国民は総力を挙げて、きわめてまともな日本国憲法を保守しなければならない」と述べていたことに驚きました。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP