むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

市視覚障害者福祉協会との懇談ー交通関係、障がい者施設の整備などの要望

2016年8月14日

7月21日、川崎市視覚障害者福祉協会と懇談を行いました。

市視覚障害者福祉協会とは

視覚障害者の自立と社会参加を目指して、様々な活動を行っているNPO法人です。

同協会から以下のような要望が出されたので紹介します。

交通関係の改善

・音響式信号の設置(川崎区池上新町、高津区下作延「宮ノ下」、宮前区野川フジスーパー前など)

・バスの行き先案内の改善を

・バス路線の充実を(市バス・・蔵敷団地から区役所までの直通便、鷺沼駅から区役所までの土日便)

交通アクセスの改善

・道路の改善(溝の口駅と北身館の間、新百合ヶ丘駅、八丁畷駅と視覚障害者情報文化センター間の点字ブロック、エスコートゾーンなど)

・駐車場の確保(北部身体障害福祉会館、視覚障害者情報文化センター)

障がい者利用施設の整備拡充

・スポーツ施設の利用促進策を(障がい者専用のスポーツ施設を、各区のスポーツ施設のバリアフリー化、障がい者の利用料の無料化、アクセスの整備)

・障がい者のためのコミュニティ施設の整備

福祉サービスの向上を

・福祉タクシー券の改善を

・日常生活用具の給付の拡大を

・盲導犬の医療費助成を

視覚障がい者福祉関係予算の増額を

市政における情報バリアの解消を

・音声データ、音声版、点字など

障害者差別解消法の川崎市対応要領について

・指定管理のスタッフにも対応要領を踏まえた合理的配慮を

高齢視覚障がい者の施設利用の促進を

共産党市議団も、来年の予算要望に向けて、その実現に力をつくします。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP