むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

一般質問③-高津区の子母口小仮設校舎跡地利用について

2016年6月21日

高津区の子母口小仮設校舎跡地について・・まちづくり局長に

・子母口小学校が完成し、四方嶺の仮設校舎の跡地利用が地元でも話題に/「ぜひ、こういうものを作ってほしい」という要望が、多数上がってきています。そこで伺います。

跡地利用について、地元からどのような要望が上がっているのか?

(答弁)「周辺自治体からは避難場所として利用できる広場を」「地元の少年野球やサッカー等の練習で利用されており、活動団体からは練習ができる環境を」

跡地利用について、今後、地元要望も踏まえ、どのように進めていくのか?

(答弁)「現況測量・地質調査をすすめており、夏以降、周辺町内会への説明を行い、地域からの意見や要望も踏まえた計画づくりを」

・跡地の近くの市営蟹ヶ谷槍が崎住宅は、530世帯もある大きな市営住宅ですが、避難場所が、急坂の下の子母口小学校となっている/しかも、矢上川の橋を渡らないと避難所にいけない/多くの方が「お年寄りは下まで下っていけない」「増水や地震で橋が倒壊した場合どうするのか」「近くに避難場所がほしい」という声が多く出ている。

・仮設校舎のすぐ下にある蟹ヶ谷清水町会からは「町会の会館がなく集会場探しで苦労している」「ぜひ、周りの町会が借りられる集会所を」という要望も出ている。

(意見・要望)

・ぜひ、地元の町会、住民の方からの要望を丁寧に吸い上げ、説明会なども開催して、住民の方々の声を反映した施設を要望します。特に要望の強い防災公園、スポーツの練習できる広場、周りの町会や住民が利用できる集会所なども合わせた施設を要望する。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP