むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

夜の新城駅での応援ありがとうございました!ー特養ホームを緊急に増設を!

2015年4月4日

image
選挙戦、2日目を迎え、朝は溝の口駅南口の宣伝からスタート!
昨日は、新城駅で地元の方が次々を訴えてくれ、
初めてマイクを握る方もいて、緊張していましたが、
心温まる応援演説でした。
本当にありがとうございました。
今日のよる宣伝は18時から梶ヶ谷駅でやりますので、ぜひ、おいでください。

この間の切実な声を紹介します。
特養ホームの問題です。

70台の女性の方で、
夫が認知症にかかり、目を離すと外に出て行ってしまいます。
夜も眠れずに介護していましたが、このままだと自分も潰れてしまう。
何とか施設に入れたいが、民間の老人ホームはとても高く入れない。
市の特養ホームに応募したが全部満杯で入れませんでした。
何とかして欲しい!
という相談でした。

川崎市の特養ホームは全部満杯で、5300人待ち。
6年から7年は入れません。
特に高津区は少なく、4カ所しかありません。

私は、地域の方と相談して土地を探したら、
久末の大谷第一住宅跡地が市の土地で空いていました。
ここに特養ホームをと有志の会を作り、署名を集め、行政にも交渉しました。
しかし、市は「うん」とは言わないのです。
理由は「土地に段差があるから、整備にお金がかかる」
ということでした。
要するに市は、特養ホーム土地のためには1円も出せないというのです。
おかしいではないですか!

川崎市は、財政力では全国大都市でトップ、
しかも臨海部では、大企業が出て行ったら、その土地を買い上げる、
大企業誘致のためには、基盤整備のために水江町でも200億円以上使っています。
しかも、船がこない港を大きくするのに1400億円の大型開発を推進しています。

今の川崎市政は、お金がないのではなく、福祉の心がないのです。

私は、この船が来ない港の建設は中止をして、
特養ホームの増設を緊急に進めます。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP