むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

東日本大震災と原発事故から4年ー被災者の生活支援、仕事の再建に全力を!

2015年3月11日

image
東日本大震災から今日で4年が経ちました。
いまだに23万人もの避難者がいて、仮設住宅などで不自由な暮らしをしいられています。
震災後に病気が悪化したり自殺するなど震災関連死が3000人を超えています。

私も石巻市、福島の南相馬市に20数回、ボランティアを組織して行きましたが、
いまだに復興住宅の建設も、資材の高騰と職人不足で、必要な戸数の15%しか建てられていません。
多くの方が、仮設住宅に残っており、孤独死、自殺者が増えています。
いまだに福島では、汚染された土地と海のために、農業、漁業は復興していません。
福島第一原発の収束もせず、汚染水は海に流れ出しています。

そんな中、政府は、消費税を上げ、東電は原発の賠償金を打ち切り、
原発の再稼働、輸出もしようとしています。

今こそ、被災地の復興に全力をあげるべきです。
被災者生活再建支援金を300万円から500万円に引き上げを!
被災者の医療、介護保険の利用料などの免除措置の復活を!
原発の再稼働は中止をして原発ゼロへ政策転換を!

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP