むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

毎年200億円の収支不足?ー実際の見通しは54億円!

2015年2月27日

image
川崎市議会で日本共産党の市古議員による代表質問を傍聴してきました。

まず、驚いたのは、予算案の収支見通しが150億円も違っていたことです。

昨年出した「中長期の収支推計」で新年度194億円の収支不足とし
今後毎年度200億円程度の収支不足がでとし
「財政が厳しい」から福祉、暮らしの予算をすべて見直しすることを公言していました。

しかし、新年度の収支不足は54億円となり、この不足は1800億円ある減債基金で穴埋めされます。
しかも、2019年度には「収支が均衡する」ということです。
毎年200億円の収支不足という前提が崩れました。

これを根拠に「財政が厳しい」というのはゴマカシだということが明らかになりました。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP