むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

「イスラム国」による後藤さん殺害ー残酷非道な蛮行に怒りを込めて糾弾!

2015年2月2日

image
「イスラム国」により湯川さんに続き、後藤さんが殺害されました。
なんという残虐な卑劣な行為か!
決してこんなテロは許してはならない!
激しい怒りを感じました。

後藤さんは戦火で苦しんでいる子どもたちや女性を取材し、
戦争の惨状を伝え、平和を訴え続けました。
こんな人を人質にとって殺害するとは!
しかし、後藤さんの母は訴えます。
「戦争のない社会を作りたい」という健二の意志を継ぐ、
「悲しみが憎悪の連鎖となってはいけない」
本当にその通りです。
私たちは、この怒りの感情と共に、冷静に理性的にこのテロに立ち向かわなくてはならない。

こういうテロにどう立ち向かって行くのか?
日本は改めて問われています。

いま求められているのは
国際社会が結束して「イスラム国」に対処し、
国連決議2170にあるように
外国人戦闘員の参加を阻止し、資金源を断つなどして
孤立させ追いつめ武装解除と解体に追い込むことです。

また、日本政府の対応についても検証が必要です。
安倍首相は中東歴訪前に「脅迫」されている事実をつかんでいたにもかかわらず、
中東訪問を強行し、「イスラム国」と戦うための支援を約束しました

同時に、今回の事件を機に、米軍などによる「イスラム国」への空爆への自衛隊支援は「憲法上可能」と述べ、
集団的自衛権を使って自衛隊の海外派兵を狙っています。
テロ集団の蛮行を機に「海外で戦争する国」作りを推進する動きは、絶対に認められません。

ぜひ、国会での政府の対応の検証と情報公開を!
国際法に基づき、安保理決議に沿って「イスラム国」を包囲して
テロに立ち向かっていくべきです。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP