むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員
県政の動き

150億円の税金を道路建設に

2010年9月15日

今日は、県議会を傍聴に行ってきました。写真は共産党県議団控室です。県議が河野さん一人のために窓のない部屋しか当てられていません。「一日中いると気が滅入ってくる」ほど閉鎖的な部屋で、なんとも屈辱的です。議会では、自民党、民主党の代表質問がありました。今回の知事の目玉は「法人2税の超過課税」の税収をどこに使うのか?ということでした。150億円もの税収を今までは医療、福祉、防災、地域経済に使っていましたが、なんと今度はそれらを全部削って全部「道路建設に注ぎ込む」というのが知事の案です。しかも自民党、民主党ともにそれを推進する立場での質問でした。地方政治はまだまだ古い自民党型政治が横行しています。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP