むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

橘公園の旧西部公園事務所跡地の有効活用をー住民からの要望に応え石田議員が質問

2014年6月25日

image

橘公園の旧西部公園事務所は、公園事務所の統合により、長い間、空き家状態で、ホームレスや違法駐車もあり、以前から有効活用をという要望が出されていました。
現在は、暫定的に東橘中・子母口小合築工事の事務所として平成26年度まで使われます。

平成21年度には周辺自治体町内会から事務所の解放についての要望が出されていました。しかし、人の配置や鍵の管理などの問題で課題があり平成24年には要望を取り下げていました。

しかし、明津、子母口北の町会には集会所がなく、事務所の有効活用をして欲しいという要望が依然、出されています。

6/23、石田和子議員がこれらの要望、進捗状況について質問したところ、行政側は、「現在、近隣で活動している緑の活動団体などに対して、事務所の利用要望についてのヒアリングを行っている」「地域の皆様のご意見を伺いながら公園施設にふさわしい活用方法を検討して行く」と答弁しました。

石田議員はあらためて「管理運営を住民任せでは、住民の負担が大きい。鍵の管理は橘出張所に任せるなどして行政が責任を」「地域の意見を聞いて有効活用を」と要望。
また、橘公園は近隣の2万人が避難する防災拠点としても重要な施設であることから、それにふさわしい施設整備を要望しました。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP