むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員
市政の問題 携帯日記

臨海部のムダ使いー橋とコンテナーターミナルに1000億円

2014年4月15日

image

コンテナーターミナルに3基目のガントリークレーンー1000億円で港湾整備
写真の奥が3基目のガントリークレーン(8億円)でず。
今日も船が1隻もついていませんでした。
船は、東京港と横浜港に行ってしまい川崎港にはよる必要があまりないのです。
しかも市は船を寄せるために、1コンテナー6800円の使用料に5000円の補助金をつけます。
ですから、コンテナーが入れば入るほど赤字になるという仕組みです。

港の1000億円のうち水江町と東扇島をかける橋に540億円
最初はコンテナーが増えるためという理由で橋を作る計画でしたが、コンテナーが増えず。
現在の橋の理由は、災害時の労働者の避難のため。
しかし、橋を渡った先は石油コンビナートでさらに危険な地域です。
労働者の避難というなら、今ある湾岸道路を使うべきで橋は必要ありません。

こんな大型開発に使うくらいなら保育園や特養ホームの増設に使うべきです。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP