むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員
携帯日記 震災ボランティア・復興

震災ボランティアー初参加者の感想「この現状を 親として次世代に伝えたい」

2013年11月15日

131103_092514_2.jpg

震災ボランティア、初参加者の感想を紹介します。

「出身が東北、絶対行かないと」(50代、女性)
「出身が東北で絶対行かないとと思っていました。ずっと行きたいと思っていましたが、昨年はいろいろあって。息子もなんか他人事、職場でも話題になることが少なくなっています。しかし、今日、この現状を見て胸が痛くなりました。除染しても放射線量は高いまま。この現状を親として次世代に伝えたい。被災地のことを他の人たちに伝えていきたい。12月は友人を誘ってまたきます」

「テレビの向こうで起こっていることを見て知りたい」(40代、女性)
ボランティアは初めてです。広島に住んでいますが神戸の震災の時はもう社会人でしたが、他人事でした。今回は自分に何ができるのかを考えました。テレビの向こうで起こっていることを実際来て見て知ることが大切と思いました。人にも伝えたい。できれば、復興していく過程を話していきたいと思います。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP