むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員
携帯日記 放射能・原発問題 震災ボランティア・復興

震災ボランティアー「賠償金や収入が税金でかな り取られる」(仮設住宅で)

2013年11月10日

131103_113850.jpg

南相馬、2日目は仮設住宅に物資を届け、聞き取り調査を行いました。
そこは、相馬市街からかなり離れた仮設住宅で、いろんな問題を抱えていました。
お年寄り夫婦は「車がなく、バスも使いづらく本数もないためタクシーを使うことが多い。病院に行くのでも往復5000円かかる」。
漁師の方は「まだ、漁に出られない。いつ再開するのかわからない。がれき撤去の仕事も減ってきた。息子には、後を継げ、とはいえない」「賠償金や収入もかなり税金で持っていかれる。今度は消費税、とんでもない!」
あと、「雨漏りがひどい」「子供の遊び場がない」などの声があり、共産党の市会議員を通して議会にあげてもらうことにしています。

むねたブログ http://jcpweb.jp/muneta/
iPadから送信

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP