むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員
国政の問題 携帯日記

厚生労働省との交渉−収入200万世帯の国保料が20万円に倍増

2013年11月6日

131106_092822.jpg

厚生労働省との交渉に来ています。
驚いたのは国民健康保険の料金が川崎、横浜で信じられないような急上昇をしていることです。
川崎では、収入200万円の4人世帯で2012年度10万円から3年後には20万円以上に倍増。
横浜では、収入249万円の自営5人世帯で今年、30.7万円から51.1万円へと1.66倍に上がった。
横浜の国保加入世帯の平均所得が02年度268万円から12年度238万円へと30万円も減少しているのにである。
最大の原因は、国からの国庫負担の削減にあります。
こんなに値上げされてはとても払えない!
国の負担割合の引き上げを!

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP