むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記 放射能・原発問題 震災ボランティア・復興

南相馬ボランティア−国の測定機の数値がおかしい!

2013年9月22日

130915_110057.jpg 130915_101109.jpg

南相馬から浪江町にかけて放射線量を測定しました。
まず、最初に驚いたのは、放棄された牛を引き受けて頑張っている吉沢牧場(写真上)の近くでは、6.3μSと川崎の数値の100倍を記録したことです。
2つめに驚いたのは浪江町に入り、おかしな値を記録したことです。
原発から5キロの地点の国の放射線量測定機では、0.071μSでしたが、私の測定機では0.147て2倍にもなっていました(写真下)。
実は最近、南相馬の国の測定機でも同じような現象があり、調べてみたら測定機の下に鉛板が敷いてあり、地元でも大きなニュースになったばかりです。そのあと鉛板は撤去されたそうですが、浪江町の国の測定機にもそんな仕掛けがあるのでは?と疑っています。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP