むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
放射能・原発問題

「原発ゼロ」の世論の威力−政党、国会議員を動かす

2011年12月20日

111220_113943.jpg

原発ゼロの署名を持って、国会請願に来ています。田村参議院議員の話を聞いて、あらためて原発ゼロの世論が国会を動かしつつあると実感しました。ヨルダンとの原子力協定問題では、3月の採決に賛成をしていた政党、議員が次々と反対、棄権をしました。まず、公明党が反対に変わりました。いつもは自民党と同じ態度でしたが、「初めてみた」と田村議員。採決のときには、民主党や保守の議員が「党の態度に納得できない」と次々と席を立ち、棄権したとのこと。行政監視委員会も「原発反対」を表明し、それが本になりまして、冒頭「ここに国会の良心を見た」と書いてあります。国民の原発ゼロの世論が政治を動かしつつあります。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP