むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
放射能・原発問題

放射能測定(小杉、等々力)に8〜15人が参加−「ビラを見 て来ました」「ここを計ってください」などいろんな要望も

2011年12月18日

111217_152345.jpg

17日の放射能測定は、今井、小杉御殿町、等々力公園中心に5ヶ所を計りました。前日、付近にビラを配布したので、各地点には8人から15人くらいの人が集まりました。ビラを見て来てくれた人も5人くらいいました。参加者の声を紹介します。

「ここら辺は高いですか?」など不安や要望
何処でも「ここら辺は高いですか?」など不安な声が出されました。それに対して数値を示し「ここは基準値以下ですよ」と話すと「良かった、安心して遊ばせられます」安心してくれました。「どんな場所が高いですか?」などの質問には「水が流れ込む側溝や水が溜まりやすい低い所などです」と説明しました。

「ここを計ってください」などの要望
いろんな要望が出されました。「この辺りで子供たちが良く遊ぶので、ここを計ってください」という地点を測定しまして、数値を示し安心してもらいました。「これは公表するんですか?」と聞かれまして、「私のホームページで公表します」と話すと「それは助かります」とか、「共産党がやっているんですか?ありがたい」など感謝もされました。

高い地点は「行政に除染を頼みます」
川崎市の除染基準値(0.19マイクロシーベルト)を超えた等々力児童公園テニスコート脇では、数値に住民の方も驚いていました。私が「来週早々に行政に再測定と除染を要請します」と応えると少し安心してくれました。

「細かくやってみないとわからない」との声
以前も参加したメンバーからは「前回、同じ公園をやったけど高い数値は出なかった。今回は大きな数値が出た。もっと細かくやらないとわからない」、「広い範囲で汚染されている。また、参加したい」など、期待に応え、次回もやりたいと思います。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP