むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

全国青年大集会−原発労働者、防御ベストなしで日当1万円

2011年10月23日

111023_111838.jpg

原発労働者の実態が紹介されました。会社からは「マスコミには話すな」と言われながら「真実を伝えて欲しい」という原発労働者からの取材です。労働条件は賃金は安く、危険。賃金は、東電からは7万円で出ても途中のピンハネで手元に入る日当は1.5万円ほど。白い作業着は、放射線を防御することは出来ず、防御する鉛のベストは重いから着ず、放射能の教育もされないまま現場にだされます。仕事を切られないために、怪我をしても申し出られず、作業中、放射線の線量計が鳴っても仕事をしつづけなければなりません。東電、原発メーカーは、「仕事を切る」という脅しを使いながら何か起こっても下請の責任にしています。本当にひどい!

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP