むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
携帯日記

はまっている小説−精神科医・伊良部一郎

2011年8月27日

110827_193429.jpg

今、はまっている小説があります。奥田英朗の精神科医・伊良部一郎シリーズ!普段は理系雑誌かアウトドア雑誌が基本の私には珍しく、この小説に夢中です。扱う病気はどれも現代人がかかりそうな依存症、脅迫症、妄想癖など。これを治療する医者、伊良部はさらにおかしい人物。しかし、みんな治るのです。結末を読むと「理にかなっている?」とも思える。「こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か?」どこか憎めない。すごく不思議で痛快な読物です。

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP