むねた 裕之

宗田 ひろゆき
日本共産党川崎市議会議員(高津区)
放射能・原発問題

防災シンポジウム−中原の広域避難場所も危険地帯に

2011年7月19日

110718_133347.jpg

防災シンポジウムを大戸神社で開催し、50人以上の方が参加してくれました。大庭議員からハザードマップの説明があり、国分寺の防災公園を作った中村八郎先生が講演しました。驚いたのは、川崎の公園緑地の少なさです。一人当たりの公園緑地の広さでは、欧米30平方mにくらべ、日本5、神奈川4.7、横浜4.7、川崎3.7です。しかも、中原区には広域避難場所が3ヶ所(等々力公園、井田リハビリセンター、平和公園)しかなく、等々力は水害危険地帯、井田リハビリセンターは崖崩落危険地帯です。こんないい加減な防災計画では、たまりません。せっかくの技術校跡地をぜひ、防災公園に!

ブログ新着記事

  • ブログ過去の記事

PAGE TOP